潜伏期間ナビ

潜伏期間ナビ♪ではプール熱・プール感染症の症状・潜伏期間・感染経路について入門者向きにわかりやすく解説しております。

◆プール熱とは?

 プール熱とは、幼稚園や小学校などのプール授業などによって子供が咽頭炎や高熱症状を発症する病気の事を指します。

 授業が開かれるようになる主に夏場の時期を中心にプール熱感染症は流行する傾向にありますが、近年では特に季節を問わず症状を発症するケースも珍しくありません。

 尚、プールの水を感染経路として感染するウイルス感染症や細菌感染症は意外に多く「結膜炎」「水いぼ」なども感染症に分類されます。

 プール熱は特に子供に多く発症する疾患ですが大人でも感染するケースがある為、感染の可能性が疑われるケースでは次の感染源とならない為にも必ず病院の診察を受けることが重要です。

◆プール熱・プール感染症の潜伏期間情報一覧

アデノウイルスの潜伏期間
 アデノウイルスは夏場の屋外プールなどで広く感染するケースが多いことからプール熱(咽頭結膜熱)の原因となるウイルスとして広く認知されております。しかし、実際はプールの水を感染経路とする感染以外にも飛沫感染や接触感染…続きを見る

結膜炎の潜伏期間
 結膜炎の原因となる物質やウイルス、細菌はとても幅広く、感染源となる原因ウイルスや細菌から結膜炎は大きく3種類の結膜炎に分類されます。ここではまず、3種類の結膜炎の分類について確認しておきましょう…続きを見る